いつも更新しているので、すぐにお気に入りに追加!

2008年04月06日

古閑美保は、ただ者ではない!

ヤマハ・レディース葛城第2日(5日・静岡県葛城GC=6523ヤード、パー72)ミポリンがブチ切れた! 古閑美保(25)が5番(パー5)の第2打を池ポチャして、帯同キャディーに“蹴り”を入れるなど大荒れ。この日は76と崩れて通算4オーバー、前日の5位から8位に後退した。7年ぶりのツアー2勝目を目指す山口裕子(32)が通算4アンダーの首位を守り、4打差の2位に福嶋晃子(34)、上原彩子(24)、辛ヒョンジュ(27)=韓国=が並んだ。

 可愛い顔に似合わず、やることは強烈だ。古閑がブチ切れた。

 「けんかしちゃいました」

 舞台は首位に3打差で迎えた5番(パー5)だった。残り180ヤードの第2打に、帯同キャディーの伊能恵子さん(38)は6Iを勧めた。一瞬、迷ったものの、アドバイスに従ってフルショット。しかし、高い弾道を描いたボールは、グリーン手前の池に落ちた。

 …え? やむなく、池の手前にドロップして4オン2パット。多くの上位選手がバーディーを取るホールで、痛恨のボギーをたたいた。

 「あそこで帰ろうと思いました。キャディーに任せて、歩測もしないで打ったのに…」。怒りは収まらず、続く6番のティーグラウンドでは、伊能さんに“蹴り”を見舞った。そして、気持ちを切り替えられず、7番から3連続ボギー。

 それでも、最後は深く反省。「風の計算を間違えた私のミスでした。キャディーはあくまでもアドバイスで、判断は自分です。これからもずっと一緒にやっていくので、仲直りしました。私がバカでした」。

 首位とは8打差ながら、上位進出は可能な位置に踏みとどまっている。最終日は“怒り”のエネルギーで猛チャージを図る。

つづき  ranking

posted by オタッキー at 21:22| スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古閑美保、プレイ中にキャディと喧嘩!

ヤマハ・レディース葛城第2日(5日・静岡県葛城GC=6523ヤード、パー72) 古閑美保がほっぺたを膨らましてホールアウトした。

帯同の女性キャディーと「けんかした」という。5番(パー5)の第2打を打つ際、残りの距離とクラブの選択で意見が食い違い、結局池につかまった。
上位選手の多くがバーディーを取るこのホールでボギーをたたいた。

「あの時はもう帰ろうかと思った」と怒りをぶちまける古閑だが、
「風の計算を間違えたわたしのミス。これからもずっと一緒にやっていくので仲直りした。バカでした」
と、最後は笑顔も見せた。

つづき   ranking
posted by オタッキー at 21:16| スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古閑美保は、頑張った!

ゴルフ・ヤマハレディースオープン葛城第2日(5日・静岡葛城GC山名=6523ヤード、パー72)――ほとんどの選手がスコアを落とす中、首位スタートの山口裕子が3バーディー、2ボギーで回り、2位に4打差の通算4アンダーで抜け出した。

 初日5位の古閑美保は4オーバーの8位、諸見里しのぶは6オーバーの18位に後退。11オーバー、46位タイまでの53人が決勝ラウンドに進んだ。
ミホリン可愛い!


つづき   ranking
posted by オタッキー at 21:13| スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古閑美保とは

【女子ゴルフ・ヤマハレディース葛城】第2日(5日、静岡・葛城GC山名、6523ヤード=パー72、賞金総額8000万円、優勝1440万円)

 7年ぶりのツアー優勝を狙う山口裕子が71で回り、通算4アンダーの140で初日からの首位を守った。
4打差の2位は上原彩子、福嶋晃子、辛※周(韓国、※=火ヘンに玄)の3人。古閑美保は76で、前日の5位から8位に後退した。

 通算11オーバーまでの53人(うちアマチュア2人)が決勝ラウンドに進んだ。 


つづき ranking
posted by オタッキー at 21:11| スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。